札幌じゅん先生

記事一覧(52)

成功さえ 通過点にしか過ぎない。

誤解を恐れずに言い切ります‼️闘いの中で、同じグループ、サロン内で良き「ライバル」というのは 存在しません。仲間が「ライバル」だと思う  そのグループはレベルが低い人たちです。   なぜかと言うと  ライバルというのは、自分が勝ちたくて相手を蹴落としても自分が勝ちたいという気持ちはどうしても 心の奥深くに存在します。(真剣な人ほどね)  なので 心から仲良くなり得ず入賞するための良い情報はやはりライバルには教えたくないもの。  で、結局 情報の共有がなくなる。  「情報の共有がレベルを高くする」14年間で7回目の全国優勝を狙う川根塾は、トレーニングの時毎回 作ったものを並べて総評し みんなで良いものを分かち合い真似されたり、真似したり😆それでもそこからまた新しい何かが生まれる。  ○○○○○○○○○○○○○○○○だけどライバルだと思えば 自分が考えた新しいものは見せたくないし 教えたくもない。○○○○○○○○○○○○○○○○  ということは、自己の中で完結するのでレベルが低くなり全国では勝てない。だってその目を 日本、世界に向ければスゴイ人が、たくさんいるのに。  コンテストというのは勝ち負けの世界‼️選手時代、現在は審査員と合計 34年間もコンテストに関わっている。(北海道では、1番長い)  初の 北海道美容協会の第一回目のコンテストチャンピオンから3年連続優勝。それから18年間コンテストに出続け17回の優勝。教え子も82回優勝させた結論です。終わってからの境地はライバルではなく共に頑張ってきた仲間☺️(だからこそ あの時こうだったとか  酒を飲みながら 笑って語り合える)   選手の時はライバルというより自分との闘い。 自分の限界を何度も超えたり境界線を広く(知り合う人や、見える世界)することの 積み重ねだと思います。    「ライバルは、昨日までの自分‼️」同じグループ内 発する言葉が小さく終わる人か大きくなれる人か?の差が出てきます。 仲間がライバルだと思う内はその仲間内のレベルが低いということになります。選手時代はいつも地区大会 そして 北海道大会でありながら全国で優勝することだけを 見てました。   17回優勝したけれど地区大会で負けたこともあり北海道大会で負けたこともその何倍もあります😂でも、自分との闘い(約束)が あるからめげませんでした。結局1番有名なコンテストヴィダルサスーン全国優勝まで18年もかかりましたが…😅ライバルというのは同じ仲間の中で使っちゃいけない。みたいな…☺️同じ道を歩む同志‼️と考えれば相手にも恨まれない心から応援しあう、喜びも分かち合える。  ライバルに、良い情報を教えると自分が負けてしまう。勝ち負けの世界であっても「勝っておごらず、負けて腐らず」  全ては 通過点なのだから。 よく成功しよう、成功したいというが「成功さえも 通過点」でしかない。誰も 永久に 勝ち続けることはできない。 だからこそ、自分との闘いなのです。熱意を込めて…札幌じゅん先生

きっと 誰かが 励ましてくれている

少し損をして 生きなさい

目標を遂げたら 達成しよう‼️と、努力する。しかし    実は人生には まだ、たくさん  その先もある。不自然な言葉、現象に目を向けない。心の声を 信じてみよう。過去によくこんなコピーやセミナーが多くあった。「楽に稼げる」「簡単に企業できる」若いうちに「お金」の事ばかり口にしたり金儲けの本ばかり買う。悪いことではない。それは、人に見せずに心の中にしまっておくと良いよね!誰でもお金やモノは欲しいもの。欲しい人なんか 誰一人としていない。それを口に出し、本まで買ったと風潮することはない。心貧しい金の亡者のように写る。どうか人が集まる人になって欲しい。☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆幸せになったら、人にのために!お金ができたら、人のために❗ っていう人に一体どれだけ 貯めれば人のために?一体どれだけ 幸せになれば人のために?おそらく そんな人は一生自分のために!が最優先な人だ。☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆母は、貧しくても困ってる人のためにできる範囲で 何でもしてあげた人だった。それで良い。大きさ、多さではない。ほんの少しの温もりが相手を幸せにしてあげられるものだと思う。◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯阿蘇に住む陶芸家 北川八郎 先生は言われていた。「少し損をして 生きなさい」そう考えると 少し 心が楽になる。愛を込めて…札幌じゅん先生

言霊という 嘘つきたち

成功したいという人は成功しません。良くなるといっている人は良くなりません。悪くなるといっている人は悪くなりません。治したいといっている人は治りません。お金持ちになりたいという人ほどお金は入りません。幸せな家族を作りたいという人ほど幸せになりません。いい男を見つけたいといっている人ほど見つかりません。自立したいという人ほど自立できません。愛してるというほどに愛していないのです。 世の中で流行っているものの中に言霊とか引き寄せとかいうのがありますがこの言霊ほどの嘘を見つけるのはなかなか難しいと思います。ネット民で少々のことを調べた人ほどにこの罠にかかるのは面白いことです。私は量子力学的な発想や目に見えないものを重視しているのではないかと思っている人が多いのですがそれはその通りなのに究極の嘘が言霊だと述べるわけです。つまり人々は言霊とはなんであるかを知りません。そもそも言霊以前にこの世界には陰陽の原則がありますがこの原則は太陽と月の関係くらいにしか考えてない人が多いようです。私のように毒親であったり精神病と言われる人と多数接していると陰陽の法則とは単に 男女や太陽と月や熱い冷たいではなくもっと根源的な内容を含んでいるのがわかります。いわゆる陰極まれば陽となり陽極まれば陰となるもこの一つに過ぎません。人生において成功に向かい発展し稼ぎ  充実しようと  努力するからこそ実は不幸に陥りやすいのも必然と言えば必然です。しかも通常そこには多くの場合強がりや既存の価値感が入っていますよね。お金で買えるものはいっぱいある貧乏な生活よりもリッチな生活の方が実際に幸せを感じている養っていくのに食っていくのにお金が必要だと主張しそれが幸せだと主張する裏には自分が、実は不幸せだということを深層心理で感じています。逆にいえば清貧がいいことだ的に言う人がいかに実際 嘘つきかを観察してみても分かります。そのような人たちは往々にして生活にも性格にも余裕がなくそれでいながら忙しいふりだけをしきれいな言葉を吐いて自分に余裕があるように装うものです。これらもまた不正直なだけでありそれを隠すという二重心理が働いています。物事の良し悪しについても同じであなたが物事を良くしようとすればするほどより悪くなっていくことが往々にしてあるのです。